So-net無料ブログ作成

ハーバードとMIT その2 [ボストン]

やはり、ボストンに来たら必見のこの2つの大学。けんさんを連れて、もう一度行ってきた。

でもその前に、今日もまた腹ごしらえで、お昼はまずボストンでは超有名な"Legal Seafood"でニューイングランドのシーフード料理を食べる。

クラムチャウダー、ロブスター、ホタテとマッシュルームのパスタ。もうお腹いっぱい。お昼だったせいか、ちょっとお得感ありでした。ロブスターは頼んだサイズにしては大きかったし、パスタに入ったホタテも厚みがすごい!3センチから4センチぐらいあった。パスタは14ドルだったけど、日本ならホタテだけで東急foodshow辺りで20ドルぐらいしそうなボリュームだった。(主婦っぽいですね。この辺。すぐに換算してしまうのが・・・)

クラムチャウダー

ロブスター

ホタテが大きかったぁ

で、お腹いっぱいになったところで、まずハーバード。

キャンパスの芝生

「僕の母校のキャンパスに似ている」
と言って、けんさんはいたくお気に入りの様子。彼の母校には行ったことがないので、本当に似ているかどうかは知らないけれど、まあ、学生時代にちょっとタイムスリップしていたようです。有名なジョン・ハーバード像と、図書館前で写真撮影。

ジョン・ハーバード像

図書館前

その後、ハーバードのCoopで本を数冊ゲットした後、MITへ。
私は、理系のけんさんは絶対MITが好きなはず!と踏んでいたのだが、見た瞬間の彼の感想。
「なんか無機質だねぇ。研究所みたい」
え、それだけ。がくっ。意外なコメントでした。そっか、けんさんって学園物っぽいキャンパスが好きなんだ。意外~。と我が夫ながらちょっとびっくりしました。
でも、あの独特のデザインのビルには興味津々だったみたいで、写真を撮っていた。
残念なことに、この日はMITの博物館が閉まっていたので内部に入れなかった。もし見れていたらけんさんもかなり気に入っていたかもしれない。

MITのシンボル的な2つの建物

ちなみに、私はMITの方がなんか珍しくておもしろいなぁと思った。ハーバードのキャンパスは、なんかケンブリッジ、オックスフォードなどの英国の大学に何となく似ていて新鮮味がなかった。

MITのキャンパスの中庭からなんと川の対岸が見える!!チャールズ川を越えて見えるのは、馴染みのある風景!あっ、バックベイだ!プルデンシャルセンターが真ん前。あっちまで、全然歩ける距離なんだぁー。と勝手に妙に感動して、歩いて帰ることに決める。

中庭からの対岸

橋を渡る時が本当に爽快!
あー、もっと早くこの辺も歩いてこればよかったなぁ。

それにしても、橋から眺めるバックベイの景色は最高!!結構歩いたようだけど、あっという間に感じた。最後になってこんないい景色を見つけて、改めてボストンを去るのが本当に恋しくなってきた。

来る前は、実は乗り気じゃなかったし(今更何を・・)、色々不安もあったけど、たまたま勘でボストンを選んで、ふたを開けてみたら、こんなに素敵な街で、しかも色んな人たちに会って刺激ももらったし、ここに来て本当によかった!

そして、夜はノースエンドのイタリア人街でディナー。以前行っておいしたかった"Taranto"というレストランに行く。オーナーはもれなくイタリア系で、かなりのイタリア訛りの英語でオーダーを取ってくれた。今日は昼のボリュームが多かったので、前菜のサラダ、パスタ、デザート。やはり、ここはおいしーい。特にパスタとデザートが最高!けんさんも喜んでくれて本当によかった!!
モツァレラチーズがおいしい

ドレッシングがぐぅ

パスタが絶品

ここにもフランカタラーニャ

レモンシャーベット。さっぱりでもしっとり


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。