So-net無料ブログ作成
検索選択

先生と再会する&アリーの場所に行ってみる [ボストン]

ボストンもいよいよ最終日。
この日のお昼は、英語学校で午後のマンツーマンでお世話になった先生ドナと一緒にランチをした。
彼女から、ぜひご主人のKenに会わせて!というリクエストもあったので、もちろん夫婦2人で。
学校の前のレストランで、久々の再会。私たちは旅の報告をし、ドナの方は、学校の様子やその他諸々個人的なことまで話してくれた。
学校の方は、今は生徒が少なく、サウジアラビア人の3人だけになってしまったそうだ。来週からまた新しい生徒がくるみたいだけど。先週、今週は、毎日ほぼマンツーマン状態らしい。
そして、彼女の話は、こんなことまで私たちに話してくれるんだ、というところまで及んだ。
けんさん曰く、3週間毎日1時間半ドナのレッスンを受けていたせいか、私の英語のイントネーションがドナっぽくなっているそうだ(笑)。これを聞いたドナは、「Sanaeの英語が上達したってことよっ」とかなり喜んでくれた。本当に彼女のようなイントネーションでしゃべれてるかは不明ですが(笑)。でも近づけていたとしたら嬉しい。

ドナとけんさん

そして、午後は、アリーゆかりの地を訪れた。私が大好きだった海外ドラマ"Ally McBeal"(邦題「アリー・マイ・ラブ」)はボストンが舞台。Beacon Street沿いには、アリーの事務所のモデルになったビルとか、アリー達がよく行く設定になっているバー、などがある。アリー好きの私に巻き込まれ、けんさんも暑い中付き合ってくれた。

アリーの事務所"Fish & Cage"のモデルビル

バー「チアーズ

帰国後、またDVDで見ようっと♪

そして、最後の夜は、シーフードで締めた。ボストン滞在中に一緒だった日本人の方がよかったと言っていたSouth Endのシーフードレストラン"Barking Crab"。ボストントップ10では堂々の1位。シーフードがおいしいそうだ。でも、レストランの外観は掘建て小屋みたい。ボストンの新橋のガード下的な雰囲気だ。お皿は紙皿だし、フォーク、ナイフもプラスチック。私たちは、クラムチャウダーと、サラダ、King Crab、シーフードパスタを食べた。本当に、とてもおいしい!特に、King Crabはかなりいけます。しかも日本で食べるより、はるかに安いです。最後まで満足なディナーで、とてもハッピーな夜だった。

King Crabを食べるけんさん


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 2

まさ

アリー my Loveは、パート2が地元のローカル放送でやっているので、
時々見ています。
主人公が一生懸命なんだけどちょっとズレているところが面白いですね。
劇中では重層なイメージのあるビルですが、実際はこじんまりしていますね。

ところで、文中にあるサウジアラビア人は、以前ブログに登場していた
あの若い男性の方々ですか?
by まさ (2006-06-10 19:39) 

sana

おお、まだパート2なのですね!なつかしい!ちなみに、個人的にパート2とパート3が面白いと思います。アリーで英語を勉強した私としては、とても思い入れがあります。そうそう、ビルは小さいのですよ。びっくりでした。

サウジの方は、その通りです。彼らは1年間ボストンで勉強される予定です。
by sana (2006-06-11 07:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。