So-net無料ブログ作成
検索選択

運命的な出会い! [南米]

マチュピチュからクスコへ戻る電車で、私たち夫婦にとって素敵な出会いがあった。
電車で隣になったアルゼンチン人夫婦と知り合いになったのだ。

5時間の電車の中、あー長いなぁと思いながら、みんなちょっと疲れ気味で無言で電車に揺られていた。
ふとしたことで、アルゼンチン人の奥さんの方が、私たちを日本人と察し、映画『Lost Translation』を見たけれど、日本に行ったら自分は途端に迷ってしまうだろう、みたいな話をし出した。

あ、日本のことを話している。聞き耳を立てつつ、私たち、その日本人ですよ。にやっ、みたいな感じで会話が始まり、なんか辺りに漂っていたお疲れモードが一気に消え、明るい雰囲気で残りの数時間、会話が弾んだ。本当に楽しい時間だった。

余談だけど、このだんなさんがちょーカッコよくて、ポルトガルのサッカー代表選手『フィーゴ』に何となく似ているのだ。元々4年前のWCから、サッカー選手ではフィーゴが一番大好きな私は、電車で見た瞬間に、
「ねえ、あのラテン系の人、サッカー選手のフィーゴに似てるよっ!!カッコよくない??」
とけんさんに耳打ちし、けんさんはけんさんで
「いや、ぼくはメル・ギブソンに似ていると思う」
と二人でカッコいい人だねぇーと言っていたのでした。
(二人で、こんな会話をしていいのか?私たち夫婦・・・)

今、すごくタイムリーなので、フィーゴを見る度にこのアルゼンチン夫婦を思い出します。
話がそれるけど、ホントにフィーゴってカッコいいですよね!!
私は、できる限り、フィーゴをWCで見たいので、ポルトガルがフランスを倒して、ぜひとも決勝に行って欲しいなぁ。と願っています。ついでにイタリアのトッティーも大好きなので、イタリアが開催国ドイツを破って決勝進出。最後はポルトガルvsイタリアを見たい!!と願う女性ファンは多いはず!みなさん、どうでしょう??

と、話が逸れすぎました。本題。
すっかり意気投合し、クスコに戻った後も、夜バーで飲もう!と誘ってくれて、一緒に飲んだ。このときは、標高が高いのも忘れて私もちゃんとビールを少し飲んだ。

奥さんの方が英語がとてもお上手で、色々と話せて楽しかった。残念なことに、この時は、だんなさんはあまり英語が話せなかった。フランス語はかなり流暢に話すみたいだったけど、私たちの方がフラ語は全然だめだったので残念。この時ばかりは、スペイン語が話させるようになりたい!と本気で思った。

色々話すうちに、奥さんの方が本音を暴露。
「私の知る限り、日本人の夫婦は、男性が絶対的な力を持ち、女性が従属的だと信じていたけれど、でも私あなたたちを見て思ったの。この夫婦は絶対そうじゃないと・・・だって、奥さん(=私)の方が全然従順そうに見えないんだもの!」

え、そんなぁーー。私、かなり尽くしているつもりなのに、周りからみたらそう見えないのーー??ショックー。でしたー。
でも、確かに、一見、私の方がわがままそうに見えるから、そう誤解されるのかもしれないけれど。でも、けんさんの方が絶対に頑固で私の方が言うことを聞いていると思うんだけどなぁ(笑)。おかしいなぁ。

まあ、いかに日本の昔のステレオタイプが未だに海外で信じられているかということも、ちょっと分かりました。
一応、私たちの世代は全然そんなことなく、多くの人が共働きで、炊事家事分担しているよと伝えておきました。

この出会いから1ヶ月後、ブエノスアイレスで彼らの家に1週間居候させてもらうことになる我々。しかも、その精神的に豊かな生き方を実践し自然に私たちに見せることで、自分たちの人生観まで変えてくれたこの夫婦。
彼らと出会えたことが、今回の旅の一番の収穫と言っても過言でないほどだ。

あの時会ったのは、偶然のように見えるけど、きっと偶然じゃなくて必然だったのかなと今では思っています。
ブエノスアイレス滞在記は、順を追って近々書きます。

クスコ~マチュピチュ付近までの電車


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 2

まさ

うーん、そのアルゼンチンの奥さんはなかなか鋭い観察眼を持っていますね(笑) sanaさんを的確に捉えていると思います。(もちろん、いい意味でですよ)
ところで、画像の車両は正しくは「電車」ではなく「客車」ですね。
電車は架線が無いところは走れません。
by まさ (2006-08-07 23:48) 

sana

そうなのでしょうか?うーん、微妙なコメントをありがとう。でも、私は見かけと実際は実は違うのですよ。本当はとても素直で繊細なのです。けんさんの方が実はかなりずうずうしいと思います。
電車については失礼しました。客車ですね。さすが、まささんです。
by sana (2006-08-08 00:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。