So-net無料ブログ作成
検索選択

ラパスでの再会&お腹を壊す [南米]

チチカカ湖をあとにいよいよ佳境ボリビアへ国境越え。
この辺りは治安もよろしくないということで、一番安全と言われているルートを選んだ。
でも、このルートかなり不思議で、ボートでバスと人間が別々に湖を渡ったりもあり、なかなか楽しいというかスリリングだった。
バスで揺られること7時間。着いた。ボリビアの首都ラパス。

ここの標高は3,800メートル。クスコよりも高い。この前にも、標高の高いところにすでに行っていたお陰でだいぶ慣れたので、高山病の心配もなさそう(とその時は思った)。

ラパスでは、けんさんが6年前南米に行った時に出会ったボリビア在住の日本人の方にお会いした(音楽関係の仕事をされており、特に南米の音楽楽器関係では有名なお方のようです)。
おいしいお店に食事に行ったり、家に招いてもらったり、音楽を一緒に聞きに行ったりと楽しく過ごさせてもらった。本当にありがとうございました。

最後(になるはずだった)の夜、この日本人のお宅に音楽を習いに来ていた日本人女性も一緒にみんなでホテルのレストランで食事をした。
この女性、めちゃくちゃ美人で、高島礼子と黒木瞳を足して2で割ったような感じ。しかもボリビアとは思えないほどエレガントな格好。なのに私と同い年と聞いた時にはかなりびっくりしてしまい、この差はどこから生まれるのだろうか?と真剣に考えてしまった。

その美しい外見とは裏腹に、かなりの冒険家(そもそもボリビアに音楽習いに来ていること自体よく考えるとすごい)で、本当に何でも食べていらっしゃったのでびっくり。私なんて、何でも食べそうに見えるけど、食べ物に関しては選り好み激しいからなー。
で、その方が、サラダをぱくぱく食べていたので、え、生野菜って大丈夫なの?と思い聞いて見た。
私「サラダ、食べても大丈夫なんですか?????」
女性「ええ、全然大丈夫ですよ。私、もう1ヶ月になりますけどお腹壊してないですよ。食べちゃって全然へいき、へいき」
私「・・・・・」

かなり迷ったのだけれど、こんなにきれいにしている女性が食べても大丈夫なら平気かな(←なんの根拠もない)、まあまあいいレストランだし、きっと大丈夫だろう、と南米に来てから一度も食べていなかったサラダについに手を出してしまった。

しかし、これが間違いだった。

デリケートな私は、やはり来てしまったのである。がーーーーん。

翌朝、本来ならウユニに行くはずだったのに、それどころではない。
熱はでて体は震えるは、お腹は下すはで、もー苦しくて苦しくてしょうがない。
しかも、標高が高いのがこういう時にこたえる。寒いのに部屋に暖房もなく、体力をつけるために食べなきゃなんだけど食欲は全くなく、とにかくあるものを全部着込んで薬を飲んで1日中寝ていた。

この時ばかりは、あー私だめかも。日本に帰りたいよーとマジで思った。
熱があると、何か変に大袈裟に考えてしまって、「赤痢だったらどうしよう」とか、「明日も熱が直らなかったらこのボリビアのラパスの病院に入院になるの?」とか真剣に考えてしまった。

でも、次の日には熱もひき、食欲も少し戻り大丈夫になった。
そして、その夜には、ウユニまで夜行バスで向かった。
今、考えるとよく病み上がりで行ったよなぁと思います。
なんか、けんさんの口車に乗せられて、行っちゃったような気がする・・・・

まあ、何はともあれ一件落着でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

チチカカ湖 ペルー [南米]

クスコからバスで多分7時間ぐらい。チチカカ湖付近の町まで向った。
チチカカ湖は、標高4000メートル近くぐらいの場所にある湖で、一番のメインは浮島だろう。葦みたいなわらのように見える草を編んで作った島が湖の上に浮いていて、そこで本当に生活している人がいるのである。

うっそー、と思っていたけど、本当に存在したのでびっくり。
この湖、やはり風に揺られて動くそうで(当然ですな)、特に季節ごとに浮いている場所が違うそうだ。

うーん、不思議。

わらみたいな草で作られた島

わらみたいな草で作った船


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

運命的な出会い! [南米]

マチュピチュからクスコへ戻る電車で、私たち夫婦にとって素敵な出会いがあった。
電車で隣になったアルゼンチン人夫婦と知り合いになったのだ。

5時間の電車の中、あー長いなぁと思いながら、みんなちょっと疲れ気味で無言で電車に揺られていた。
ふとしたことで、アルゼンチン人の奥さんの方が、私たちを日本人と察し、映画『Lost Translation』を見たけれど、日本に行ったら自分は途端に迷ってしまうだろう、みたいな話をし出した。

あ、日本のことを話している。聞き耳を立てつつ、私たち、その日本人ですよ。にやっ、みたいな感じで会話が始まり、なんか辺りに漂っていたお疲れモードが一気に消え、明るい雰囲気で残りの数時間、会話が弾んだ。本当に楽しい時間だった。

余談だけど、このだんなさんがちょーカッコよくて、ポルトガルのサッカー代表選手『フィーゴ』に何となく似ているのだ。元々4年前のWCから、サッカー選手ではフィーゴが一番大好きな私は、電車で見た瞬間に、
「ねえ、あのラテン系の人、サッカー選手のフィーゴに似てるよっ!!カッコよくない??」
とけんさんに耳打ちし、けんさんはけんさんで
「いや、ぼくはメル・ギブソンに似ていると思う」
と二人でカッコいい人だねぇーと言っていたのでした。
(二人で、こんな会話をしていいのか?私たち夫婦・・・)

今、すごくタイムリーなので、フィーゴを見る度にこのアルゼンチン夫婦を思い出します。
話がそれるけど、ホントにフィーゴってカッコいいですよね!!
私は、できる限り、フィーゴをWCで見たいので、ポルトガルがフランスを倒して、ぜひとも決勝に行って欲しいなぁ。と願っています。ついでにイタリアのトッティーも大好きなので、イタリアが開催国ドイツを破って決勝進出。最後はポルトガルvsイタリアを見たい!!と願う女性ファンは多いはず!みなさん、どうでしょう??

と、話が逸れすぎました。本題。
すっかり意気投合し、クスコに戻った後も、夜バーで飲もう!と誘ってくれて、一緒に飲んだ。このときは、標高が高いのも忘れて私もちゃんとビールを少し飲んだ。

奥さんの方が英語がとてもお上手で、色々と話せて楽しかった。残念なことに、この時は、だんなさんはあまり英語が話せなかった。フランス語はかなり流暢に話すみたいだったけど、私たちの方がフラ語は全然だめだったので残念。この時ばかりは、スペイン語が話させるようになりたい!と本気で思った。

色々話すうちに、奥さんの方が本音を暴露。
「私の知る限り、日本人の夫婦は、男性が絶対的な力を持ち、女性が従属的だと信じていたけれど、でも私あなたたちを見て思ったの。この夫婦は絶対そうじゃないと・・・だって、奥さん(=私)の方が全然従順そうに見えないんだもの!」

え、そんなぁーー。私、かなり尽くしているつもりなのに、周りからみたらそう見えないのーー??ショックー。でしたー。
でも、確かに、一見、私の方がわがままそうに見えるから、そう誤解されるのかもしれないけれど。でも、けんさんの方が絶対に頑固で私の方が言うことを聞いていると思うんだけどなぁ(笑)。おかしいなぁ。

まあ、いかに日本の昔のステレオタイプが未だに海外で信じられているかということも、ちょっと分かりました。
一応、私たちの世代は全然そんなことなく、多くの人が共働きで、炊事家事分担しているよと伝えておきました。

この出会いから1ヶ月後、ブエノスアイレスで彼らの家に1週間居候させてもらうことになる我々。しかも、その精神的に豊かな生き方を実践し自然に私たちに見せることで、自分たちの人生観まで変えてくれたこの夫婦。
彼らと出会えたことが、今回の旅の一番の収穫と言っても過言でないほどだ。

あの時会ったのは、偶然のように見えるけど、きっと偶然じゃなくて必然だったのかなと今では思っています。
ブエノスアイレス滞在記は、順を追って近々書きます。

クスコ~マチュピチュ付近までの電車


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

マチュピチュ [南米]

クスコから特別列車でアグアスカリエンテスという近くの町まで行き一泊し、空中都市『マチュピチュ』まで行った。
ここもさほど期待していなかったのだけど・・・

すごい!びっくりでした。標高3,000メートルぐらいの高地に、忽然と遺跡が出てくる。
発見した人は、嬉しさと驚きでいっぱいだっただろうなぁ。
私も、目に入った瞬間、ホントに心を打たれるというか、うわっという感じを受けた。

ここも人でごった返す前での朝いちの5時に行った。そんなわけでいい写真撮れています。

実物は、もっと迫りくるような感じ

意外に大きい遺跡群

じっくり見ると遺跡だけで2時間はかかりそうな感じ。ちなみに、我々はたっぷり2時間以上いた気がする。
しかも、ワイナピチュというマチュピチュより高い山にも登った。ここは私には結構きつかったけれど、頂上からの眺めは最高。
頂上にも小さな遺跡があるのだけど、階段の小ささにびっくり!昔の人は足が小さかったのかな~??

やはり、マチュピチュは南米に行くなら必見の場所だと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

あ、ナスカの地上絵を忘れていた!! [南米]

ペルーで、マチュピチュに次ぐハイライトだった『ナスカの地上絵』(英語では"Nazka Line")。素晴らしかった。

前評判が良くなかっただけに、嬉しさもひとしお。
セスナ機に乗って、空から地面を見ると本当に線で描かれた絵が見えるのですよ!!

しかも、朝いちの6時半ぐらいだったので、空もすっきりしていて全部クリアに見えましたー。
もちろん、酔い止めもしっかり飲んでアラスカリベンジを果たしました。
http://blog.so-net.ne.jp/sana-n/2005-06-21

確かこの日は、このナスカの空中観覧で一緒だったドイツ人のカップルを誘って、午後はミイラを見に行った気がする。それも、なかなか興味深かったけれど、さすがにミイラの写真をここに載せるのは・・・と思うので、やめておきます。

ナスカの写真です。見えにくいけど・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ペルー クスコ [南米]

リマの後は、高原都市クスコへ。
こちらは、空港から街に出るまでにもめた。

ガイドブックによると、クスコは『首しめ強盗が出没し危険!!タクシーに注意』とあった。
空港の外に出ると、タクシーの客引きにびっしり回りを囲まれ、早速洗礼を受ける。
怖くなって、
「けんさん、どうしよー。これじゃあ、街に行けないよぅ。いいホテルにして、そこから車を送ってもらおうよー」
と私が泣き言を言っていると、

きりっとした顔で、けんさんが、
「この人は多分大丈夫。街に戻る時に、お客さん乗せたいだけだよ」
と、客引きから一人金ぴかな派手な運転手を選び、付いていった。

私は、本当に大丈夫なのーーー???
と気が気じゃなかったんだけど、南米2度目のけんさんに任せることにした。

で、ことなく目当ての安宿に到着。無事だった。
けんさんに見分けるコツを聞いてみると、『目』だそう。
目をみると悪い奴がどうか何となく分かるそうだ。
なるほどー。

前置きが長くなりましたが、このクスコ、なんと標高が3400メートル。ゆっくり歩かないと間違いなく高山病になりそう。お酒も回りやすそうだったので、ほとんど飲まずに終わってしまった。

ここのメインは、街の中心部のコロニアルな町並みと、今は跡形もない黄金の宮殿、インカの精密な石組みだろう。

黄金の宮殿は、スペインの侵略以前は、インカの黄金財宝でいっぱいで、金で作られていたそう。しかし、今はその跡形もない。

インカの精密な石組みは、すごい。よく『刃も通さないほどの隙間がない緻密な石組み』と言われるけれど、本当にその通り。建築屋さんによると、今の技術でも同じ石組みを作るのは難しいそう。かなり高度な技術を有したインカ文明。奥深い。
皮肉なのが、スペインがこうしたインカ時代の建物をぶったおして作った教会や西洋風の建物の方が、こう言っちゃ悪いけど出来が悪い。なんか作り方も雑だし、質も悪そう。

街の中心部は、ちょっと情緒があっていいけれど、でも教会でインディオ(先住民)の人
が一生懸命祈る姿を見ると、ちょっと複雑な気持ちになってしまった。

一目瞭然・左:スペイン、右:インカの石組み

12角?の石組み・どうやって作ったんだろう??

クスコの町並み


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

ペルー リマ [南米]

ガラパゴスの後、エクアドルの首都キト経由で、空からリマに入った。
ペルーも、危険地域情報が出ている地域。
特に、リマは過去に、日本大使公邸事件があったことが記憶に新しい。
色々、噂を聞いていたので、街に出る時は結構用心した。

ここでは、夜あまり出歩かなかったので、さほど身の危険は感じない。
でも、昼間でも人通りが少ないところはちょっと怖かった。

リマで、印象に残っているのは、博物館。
ペルーのインカ文明にまつわる出土品がたくさんあって見ごたえあり。

あと、食事がイマイチだったことでもインプットされている(笑)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

ガラパゴス諸島 エクアドル [南米]

実は、ここに行きたいと言い出したのは意外にも私の方。
せっかく行くならということで、前々から興味があったガラパゴス諸島を旅程に入れてもらった。

ガラパゴス諸島と言うと、赤道直下の自然豊かな島々。エクアドルの領土だ。
特に、珍しい野生動物が見れることで有名。

かなり期待し、3泊4日の船の旅+3泊4日の島の生活を楽しみにしていた。

ところが・・・・

この船の旅の部分は、まずなんと船酔いでほぼ撃沈状態。悲しい~。
まだシーズン前(行った時はちょうど現地の春が始まる頃)で、大きな船は補修中でドックに入っている。また、お客さんもまだ少ないせいか、通常より船のサイズが小さい。一応、ツーリスト・スペリアーという普通より上のランクにしたのだが、あまりの船の小ささと部屋の狭さに、乗った瞬間にへこむ。

そして、船酔い。これも船が小さいがゆえに、海洋に出るとめちゃくちゃ揺れるのだ。初日の昼はまだもったが、初日の夜は一晩中震度6の地震が続いているような揺れで、眠りながらなんか気持ち悪いって感じ。

翌日の昼からは、船から島に上陸して、今回の最大の楽しみ野生動物観察だったのに、もうそれどころじゃない。島への上陸は、小さいボートで移動するのだが、その間ほぼ撃沈状態。

それに加え、以前から何度かブログでもお話したガイド英語がすごかった。"ブロークン英語大賞"でもあげたくなるくらい訛りがすごい。(もちろん、日本人の私が話す英語もノンネイティブのブロークン英語だけど、彼よりはマシだと思いたい・・・)

色々と説明してくれんだけど、全然英語に聞こえない~。なんか、スペイン語の単語が一語一語聞こえてくる感じ。

このガイド、めちゃくちゃいい人だったんだけど、船酔いの時に、彼の英語を聞くと更に頭の中が回ってしまい、正直かなりつらかった。なので、この後も強烈なスペイン語訛りの英語を聞くと、反射的に体が船酔いになってしまうようになった。

特に、
"In my (e)season, only 6 boats. Now, 96"
"Blue booby, yellow booby, white booby... booby, booby, booby..."

この決り文句は何度聞いたか分からない。
ちなみにスペイン語に詳しい方は分かると思いますが、sで始まる単語には、全部eが付いて聞こえ、yellowはジエローに聞こえる。イントネーションはもちろんスペイン語調。

そう言えば、まだ寒いのに、嫌がる私を無理にシュノーケルさせたのもこのガイド!初日に気乗りしないままやって、口が紫色になるくらい寒さにやられて、早々と引き上げた記憶が蘇る。

あ、なんかかなり愚痴っぽくなってしまいました。でも、ホントにいい人だったんだけど。。。船酔いさえなかったらなぁ(笑)。

Booby!赤足カツオドリ

ガイド・本当にいい人でした。でもね・・・彼の英語は船酔い向きではないかな(笑)

でも、いいことももちろんたくさんあって、まず参加者がみんな30代の欧州からのカップルで、歳も近く仲良くなれてそれがよかった。
あのオランダ夫婦に出会ったのもここだったし。

島では、このオランダ人夫婦らと酒盛りをし、お互い酔っ払うとかなり面白いということを発見。12時過ぎまで、飲んで騒いで楽しんだ。このときに、このオランダ人からブラジルアマゾン訪問用のマラリアの薬ももらった。ありがとう。

そうだ、9月初めには彼らが日本に来るんだ。あと2ヵ月後だ!
早いなぁ。会ってから1年経つんだ。

本当に、南米編早く仕上げなきゃ。

酒盛り?中


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

エクアドル キト [南米]

今回は、コンチネンタル航空で、ヒューストン経由キト入り。合計25時間。やはり、南米は遠い。

さて、このエクアドル(Equador)、その名の通り、赤道"Equator"直下の国。キトの郊外にはなんと、緯度0度線もある。早速行ってきた。

標高が高いせいか(2800メートル)、すごく暑いということはない。

でも、ちょっと息切れがするかも。

それにしても、首都のキト、少し怖いかも。
特に旧市街は、なんか人の視線が鋭くて歩いていて、ちょっと物騒だなぁと感じた。
1年の旅を通しても、ここが一番、ちょっと治安悪いかもと思った場所だ。

でも、特に危険な目にも会わず、無事でしたが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

ついに佳境、南米へ [南米]

(訪問した時期、2005年9月19日~2005年11月20日の2ヶ月)

北米、東欧と来て、いよいよ冒険的の地、南米へ。
もちろん、けんさんの希望が強いのは言うまでもない。

今だから言えるけど、北米、東欧と自分が行きたかったところを制覇し満足した私は、ここで一人だけ旅を止めて、日本での生活を再開しようかなぁと本気で思ったりもした。

でも南米こそ時間がないと行けない地域。迷った末、最終的についていくことにした。

そして、本当に行ってよかった!

ここからが色んな意味で私にとってのターニングポイントになった。
一つ大きかったのが、北米、東欧はレンタカーメインで回っていたけれど、南米からは大半を公共の交通手段を使って回った。そしたら、会える人の数が急激に増え、見える世界がぐんと広がった。

目の前に広がる想像を超える自然風景の数々、摩訶不思議な遺跡たち。そして、旅を通して出会った素敵な人たち。

というわけで、回想録。

訪問した:
エクアドル(ガラパゴス諸島)、ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチン、ブラジルでの経験をちょっとかいつまんで、書きたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。